がん患者への薬剤処方と薬薬連携 (1) がん患者への薬剤処方
2019/09/12(木) 23:16 ディレクター

今月の特集/ がん患者への薬剤処方と薬薬連携
タイトル/  がん患者への薬剤処方
ゲスト/   静岡県立総合病院 薬剤部長 木村 緑さん


静岡県立総合病院は、地域がん診療連携拠点病院として化学療法
センターを開設したのち腫瘍内科を設立した。今回は、がん薬物療法
における薬剤師の介入とポイントなどを中心にうかがう。
レジメンとは、抗がん剤、輸液、支持療法薬などを組み合わせた
時系列的な治療計画をいうが、抗がん剤を適切に投与するためには、
施設内ではレジメンの内容が統一されていることが重要である。
患者に寄り添った薬剤師による処方監査、調剤および患者指導を
多職種の医療従事者と連携しながら行う大切さなどをお話いただく。



[次回予告]
9月26日(木)
よる11:30 から放送予定

コメント