「ウィズコロナ」の時代における病院薬剤師像 (2) ポリファーマシーの問題点と解決策
2020/08/27(木) 22:33 ディレクター

8月の特集/「ウィズコロナ」の時代における病院薬剤師像
27日放送タイトル/ ポリファーマシーの問題点と解決策
ゲスト/ 千葉大学医学部附属病院 教授・薬剤部長 石井 伊都子 さん


ポリファーマシー(多剤服用)が問題になっている背景と問題点、そして解決法をわかりやすく網羅的にお話いただく。ポリファーマシーの問題解決には「薬剤師の介入が欠かせない」と強調する。ポリファーマシー是正に向けた薬剤師の役割として、多剤・重複投薬を防ぐための疑義照会を紹介する。実際に、薬学的介入により減薬できた患者の事例を具体的にうかがう。ポリファーマシーの改善には、かかりつけ薬剤師が患者の服薬状況を一元的かつ継続的に管理し、処方医などと連携していくことが重要だとわかる。


[次回予告]
9月10日(木)
よる11:30 から放送予定

コメント