自宅で最期まで生きることを支える新しい在宅医療 (2) 患者さんを支える多職種の連携
2017/11/22(水) 20:24

今月の特集/   自宅で最期まで生きることを支える新しい在宅医療
タイトル/    患者さんを支える多職種の連携
ゲスト/     やまと診療所 院長 安井佑 氏

ゲストは、日本の在宅医療をより発展させるために、都内板橋区で、在宅医療専門のクリニックを開業されている。米国では医師の監督のもと医療行為をおこなうことができる国家資格「在宅医療PA(Physician Assistant)」があるという。やまと診療所では、米国を参考にした独自の考え方で、在宅医療をサポートするスタッフ制度を採用している。今回は、在宅医療の現場で、多職種がどのように活躍しているか、その事例や求められる人材などを紹介してもらう。




[次回予告]

12月13日(水)

よる8:40 から放送予定

テーマ/  病院薬剤師の地域連携(仮) 
ゲスト/  九州大学病院 薬剤部長 増田智先 氏

自宅で最期まで生きることを支える新しい在宅医療 (1) 多死社会の中で求められる在宅医療の役割
2017/11/08(水) 23:06

今月の特集/   自宅で最期まで生きることを支える新しい在宅医療
タイトル/    多死社会の中で求められる在宅医療の役割
ゲスト/     やまと診療所 院長 安井佑 氏

都内板橋区で在宅医療専門のクリニックを開業されている。東京都の調査では「自宅で最期を迎えたい」と思う人は4割いるが、実際に自宅で死を迎えるのは1割程度という。この患者の願いのギャップを埋める1つが在宅医療だ。患者さん、そしてその家族が安心して死と向き合える仕組みづくりと取り組みについて、詳しくお話いただく。




[次回予告]

11月22日(水)

よる8:40 から放送予定

テーマ/  自宅で最期まで生きることを支える新しい在宅医療(2)
ゲスト/  やまと診療所 院長 安井佑 氏