ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成 (2) 病院薬剤師の新人育成
2019/08/22(木) 22:28

今月の特集/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成
タイトル/  病院薬剤師の新人育成
ゲスト/   佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏
                  薬剤部 佐々木祥恵 氏

新人薬剤師についての独自の教育システムを指導者にうかがう。新人には、2~3年目の先輩薬剤師がマンツーマンで教育する「プリセプター制度」を導入している。また、4~5年目の職員が、プリセプターと新人の相談役になる「メンター制度」を昨年から取り入れているという。年間スケジュールに基づいた新人の指導方法やカリキュラムがどのように運用されているのか。そのノウハウと特色を具体的に紹介していただく。



[次回予告]
9月12日(木)
よる11:30 から放送予定

ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成(1)ポリファーマシー外来
2019/08/08(木) 21:06

今月の特集/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成
タイトル/  ポリファーマシー外来
ゲスト/   佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏

ポリファーマシーの削減に関心が高まっている。薬剤師はどのように職能を発揮できるのかーー。今年2月に「ポリファーマシー外来」を開設した病院の現状を紹介してもらう。高齢者は複数の疾患が多く、患者に害をもたらす多剤併用に陥りやすい。この病院では、地域包括ケア病棟においてポリファーマシーに取り組んでいた延長で外来を始めた。現在の運用上の工夫や医師との連携、開設した効果などをうかがう。



[次回予告]
8月22日(木)
よる11:30 から放送予定
テーマ/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成(2)
ゲスト/ 佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏