番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第2・第4木曜日 23:30~23:50
提供:武田テバ

多職種の人が集い、語らう番組です。パーソナリティは帝京平成大学 薬学部 教授の井手口直子さん。医薬に関する最新の話題について、医療従事者の方をはじめ患者関係者や学生など、幅広いリスナーに向けてお送りします。

【Twitter】https://twitter.com/medical_cafe

新着記事

薬剤師を取り巻く環境変化 (1) 薬剤師を取り巻く環境の変化と薬剤師会の役割

2019.10/10 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 薬剤師を取り巻く環境変化
タイトル/  薬剤師を取り巻く環境の変化と薬剤師会の役割
ゲスト/   東京都薬剤師会 会長 永田 泰造 氏

薬局の薬剤師は、調剤した薬の使い方や副作用について患者に適切な指導を行い販売している。
医薬分業が進んだいま、かかりつけ薬剤師や「問題解決型の薬剤師」がとくに求められつつある。
今回は、環境変化に呼応した東京都薬剤師会の使命と取り組みを紹介してもらう。
また、「薬学教育」において薬局に期待することについてもお話いただく。



[次回予告]
10月24日(木)
よる11:30 から放送予定

がん患者への薬剤処方と薬薬連携 (2) 外来がん薬物治療における薬薬連携

2019.09/26 ディレクター 記事URL

今月の特集/ がん患者への薬剤処方と薬薬連携
タイトル/  外来がん薬物治療における薬薬連携
ゲスト/   静岡県立総合病院 薬剤部長 木村 緑さん

院外処方率が95%と高い静岡県立総合病院では、化学療法版お薬手帳「かけはし」
を作成している。これは薬局や他の医療機関との間の情報共有になり、治療の継続性
について振り返る手助けにもなるという。
薬局との関係構築も具体的にお話していただく。


[次回予告]
10月10日(木)
よる11:30 から放送予定

がん患者への薬剤処方と薬薬連携 (1) がん患者への薬剤処方

2019.09/12 ディレクター 記事URL

今月の特集/ がん患者への薬剤処方と薬薬連携
タイトル/  がん患者への薬剤処方
ゲスト/   静岡県立総合病院 薬剤部長 木村 緑さん


静岡県立総合病院は、地域がん診療連携拠点病院として化学療法
センターを開設したのち腫瘍内科を設立した。今回は、がん薬物療法
における薬剤師の介入とポイントなどを中心にうかがう。
レジメンとは、抗がん剤、輸液、支持療法薬などを組み合わせた
時系列的な治療計画をいうが、抗がん剤を適切に投与するためには、
施設内ではレジメンの内容が統一されていることが重要である。
患者に寄り添った薬剤師による処方監査、調剤および患者指導を
多職種の医療従事者と連携しながら行う大切さなどをお話いただく。



[次回予告]
9月26日(木)
よる11:30 から放送予定

ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成 (2) 病院薬剤師の新人育成

2019.08/22 ディレクター 記事URL

今月の特集/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成
タイトル/  病院薬剤師の新人育成
ゲスト/   佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏
                  薬剤部 佐々木祥恵 氏

新人薬剤師についての独自の教育システムを指導者にうかがう。新人には、2~3年目の先輩薬剤師がマンツーマンで教育する「プリセプター制度」を導入している。また、4~5年目の職員が、プリセプターと新人の相談役になる「メンター制度」を昨年から取り入れているという。年間スケジュールに基づいた新人の指導方法やカリキュラムがどのように運用されているのか。そのノウハウと特色を具体的に紹介していただく。



[次回予告]
9月12日(木)
よる11:30 から放送予定

ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成(1)ポリファーマシー外来

2019.08/08 ディレクター 記事URL

今月の特集/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成
タイトル/  ポリファーマシー外来
ゲスト/   佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏

ポリファーマシーの削減に関心が高まっている。薬剤師はどのように職能を発揮できるのかーー。今年2月に「ポリファーマシー外来」を開設した病院の現状を紹介してもらう。高齢者は複数の疾患が多く、患者に害をもたらす多剤併用に陥りやすい。この病院では、地域包括ケア病棟においてポリファーマシーに取り組んでいた延長で外来を始めた。現在の運用上の工夫や医師との連携、開設した効果などをうかがう。



[次回予告]
8月22日(木)
よる11:30 から放送予定
テーマ/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成(2)
ゲスト/ 佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏

予防のための医学 (2) フレイル予防

2019.07/25 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 予防のための医学
タイトル/  フレイル予防
ゲスト/   東海渡井クリニック 院長 渡井健男 氏

高齢者の身体機能が弱まるフレイル(虚弱)を予防する取り組みが広がっている。介護が必要になる前に、高齢者が自分の心と身体の弱まりを自覚し、健康や栄養の指導を早めに医療機関で受けることが望ましい。その気付きのポイントや予防についてお話いただく。また、「抗加齢」に関する最新の知見についてもうかがう。


[次回予告]
8月8日(木)
よる11:30 から放送予定
テーマ/ ポリファーマシー外来と病院薬剤師の育成(1)
ゲスト/ 佐久総合病院 薬剤部 統括薬剤部長 関戸大司 氏

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井手口 直子
いでぐち なおこ

帝京平成大学 薬学部 教授

パーソナリティ一覧はコチラ