番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第2、第4水曜日 20:40~21:00
提供:武田テバ

多職種の人が集い、語らう番組です。パーソナリティは帝京平成大学 薬学部 教授の井手口直子さん。医薬に関する最新の話題について、医療従事者の方をはじめ患者関係者や学生など、幅広いリスナーに向けてお送りします。

新着記事

【新春特別】病院薬剤師の役割と展望 (1) 病棟薬剤業務と日病薬の取り組み

2017.01/11 ディレクター 記事URL

今月の特集/  【新春特別】病院薬剤師の役割と展望
タイトル/    病棟薬剤業務と日病薬の取り組み
ゲスト/     日本病院薬剤師会 会長 木平健治 氏

病院薬剤師は、病棟活動、処方監査、調剤、製剤などの薬物療法の根幹をなす業務を中心に、最新の医薬品情報の収集と提供、薬物モニタリングなどによる投与量の最適化と副作用防止、注射剤の無菌調製、がん化学療法や緩和医療における麻薬の適正使用など、活躍の場が広がっている。今回は、昨夏に現職に就任された木平会長に、日本病院薬剤師会の最近の動きを振り返ってもらう。また、地域における病・診・薬の連携が強化されつつあるなか、年頭にあたり、これからの日本病院薬剤師会の取り組みについて語っていただく。


[次回予告]

1月25日(水)
よる8:40 から放送予定

テーマ/ 【新春特別】病院薬剤師の役割と展望 (2)

ゲスト/  日本病院薬剤師会 会長 木平健治 氏

フォーミュラリーの作成(2)医療経済に貢献するフォーミュラリーの作成

2016.12/28 ディレクター 記事URL

今月の特集/ フォーミュラリーの作成
タイトル/   医療経済に貢献するフォーミュラリーの作成
ゲスト/    聖マリアンナ医科大学 薬剤部 参与 増原慶壮 氏


医薬品の使用指針「フォーミュラリー」の作成についてうかがう2回目。英国や米国での導入例を紹介してもらう。また、聖マリアンナ医科大学病院では、医薬品の使用を適正化し、医療費を抑制したという。その実例をお話いただきながら、日本でのフォーミュラリーの作成に関する取り組みの広がりについてお話いただく。


[次回予告]
1月11日(水)
よる8:40 から放送予定
テーマ/ 
新春特別:病院薬剤師の役割と展望 (1)
ゲスト/ 
日本病院薬剤師会 
会長 
木平健治 氏

フォーミュラリーの作成 (1) ジェネリック医薬品をさらに有効活用するために

2016.12/14 ディレクター 記事URL

今月の特集/ フォーミュラリーの作成
タイトル/   ジェネリック医薬品をさらに有効活用するために
ゲスト/    聖マリアンナ医科大学 薬剤部 参与 増原慶壮 氏


聖マリアンナ医科大学は、医薬品の使用指針「フォーミュラリー」の作成を、欧米の例を踏まえて、国内においては先駆的に導入している。新薬を多用するのではなく、有効性や安全性、経済性に優れた医薬品やジェネリック医薬品は、薬剤師が公平な目で適正に評価し、積極的に使用する仕組みを取り入れている。フォーミュラリーは、ジェネリック医薬品の有効活用に役立つという。どのように同種同効薬を採用しているのか、ゲストに詳しく解説してもらう。院内の薬剤師には、適正使用のための情報収集を行える論文読解を求めるという。




[次回予告]

12月28日(水)
よる8:40 から放送予定

テーマ/ フォーミュラリーの作成 (2)

ゲスト/ 聖マリアンナ医科大学 薬剤部 参与 増原慶壮 氏

医療政策と薬剤師 (2) 医療政策の観点からのチーム医療

2016.11/23 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 医療政策と薬剤師
タイトル/   医療政策の観点からのチーム医療
ゲスト/   浜松医科大学 教授・附属病院 薬剤部長 川上純一 氏

病院薬剤師の活躍の場は、チーム医療と病棟業務を推進するなかで、どのように変化しているのかうかがう。
また、診療報酬の今後についてもポイントを教えていただく。

[次回予告]

12月14日(水)
よる8:40 から放送予定

テーマ/ フォーミュラリーの作成(1)
ゲスト/ 聖マリアンナ医科大学  薬剤部 参与 増原慶壮 氏

医療政策と薬剤師 (1) 医療政策と病院薬剤師の役割

2016.11/09 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 医療政策と薬剤師
タイトル/    医療政策と病院薬剤師の役割
ゲスト/   浜松医科大学 教授・附属病院 薬剤部長 川上純一 氏


診療報酬の2年ごとの改定を巡る近年のポイントをお話いただく。
また、ポリファーマシー対策やジェネリック医薬品使用促進などの
取り組みについてうかがう。




[次回予告]

11月23日(水)
よる8:40 から放送予定

テーマ/ 医療政策と薬剤師 (2) 医療政策の観点からのチーム医療

ゲスト/ 浜松医科大学 教授・附属病院 薬剤部長 川上純一 氏

病院薬剤師の取り組み (2) 病院薬剤師のあり方と医薬品管理

2016.10/26 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 病院薬剤師の取り組み
タイトル/  病院薬剤師のあり方と医薬品管理
ゲスト/   亀田メディカルセンター 薬剤管理部長 舟越亮寛 氏

亀田メディカルセンターでは、患者中心の医療のため、薬の専門家である薬剤師が幅広く活躍している。病棟に配置された薬剤師は、医師等への医薬品情報の提供から患者とその家族への服薬指導を行う。また、病棟の薬品管理等を通じて、チーム医療の一員として安全管理に参画している。その薬剤管理に関する考え方や院内システムについて聞く。さらに、ジェネリック医薬品への切り替えにさいする独自の臨床研究や服薬指導、情報の公開についても病院の方針をご紹介していただく。



[次回予告]
11月9日(水)
よる8:40 から放送予定
 
テーマ/ 医療政策と薬剤師 (1) 医療政策と病院薬剤師の役割

ゲスト/ 浜松医科大学 教授・附属病院 薬剤部長 川上純一 氏

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井手口 直子
いでぐち なおこ

帝京平成大学 薬学部 教授

パーソナリティ一覧はコチラ