番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第2・第4木曜日 23:30~23:50
提供:武田テバ

多職種の人が集い、語らう番組です。パーソナリティは帝京平成大学 薬学部 教授の井手口直子さん。医薬に関する最新の話題について、医療従事者の方をはじめ患者関係者や学生など、幅広いリスナーに向けてお送りします。

【Twitter】https://twitter.com/medical_cafe

新着記事

薬局薬剤師に向けた新型コロナウイルス感染症情報 (2) 薬局薬剤師に向けた新型肺炎情報の活用法

2020.05/28 ディレクター 記事URL

今月の特集/薬局薬剤師に向けた新型コロナウイルス感染症情報
タイトル/ 薬局薬剤師に向けた新型肺炎情報の活用法
ゲスト/ 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学 健康情報学 特定講師 岡田浩 氏


医療サービスの提供をする薬局薬剤師は、感染予防対策を講じ、地域住民の不安に向き合ったりと、最前線で新型コロナウイルス感染症の予防対応に当たっている。そんな薬局薬剤師のために、京都大学のグループが新型コロナウイルス感染症に関する資料や動画などをまとめた 情報サイト を立ち上げた。患者からの質問に答える際の参考になる専門家による解説動画や、薬局店内に掲出できる資料を入手できるなど役立つ資材が豊富にある。サイトを運営する岡田氏から直接サイトの利用法について紹介してもらう。
「3密」を避けることが叫ばれているが、新型コロナウイルスの感染経路は飛沫と接触の感染が指摘されている。また、ひとの接触の機会を減らすために、服薬指導は電話やオンライン通話を推進したいと提唱する。非接触型の支払いとしてオンライン決済も導入してほしいと薬剤師に向けて訴える。



[次回予告]

6月11日(木)
よる11:30 から放送予定

薬局薬剤師に向けた新型コロナウイルス感染症情報 (1) 薬局向け新型コロナウイルス感染症対策に関する情報まとめサイトについて

2020.05/14 ディレクター 記事URL

今月の特集/薬局薬剤師に向けた新型コロナウイルス感染症情報
タイトル/ 薬局向け新型コロナウイルス感染症対策に関する情報まとめサイトについて
ゲスト/ 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学 健康情報学 特定講師 岡田浩 氏

今月の番組は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をテーマに、おもに薬局薬剤師に役立つ情報を2回シリーズでお届けする。京都大学SPH薬局研究グループは、岡田浩氏が中心となり、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて薬局薬剤師が活用できるニュースや資料、動画などの情報をまとめた WEBサイト を開設している。医療の専門家である薬剤師は、自分たちの身を守りながら、患者に正確な情報を伝え、薬局から感染を広げないことが重要になる。薬剤師向けの正確な情報を早く届けるとともに啓発することが大切だと考えたという。ウェブサイトを紹介してもらう。


[次回予告]
5月28日(木)
よる11:30 から放送予定

薬局薬剤師の人材育成 (2) 進化する薬剤師教育

2020.04/23 ディレクター 記事URL

今月の特集/薬局薬剤師の人材育成
タイトル/   進化する薬剤師教育

ゲスト/     クオール株式会社 クオールアカデミー教育研修部長 長沼未加さん


いま薬剤師には、どのような教育コースと学びが必要となっているのだろうか。クオール薬局の人材育成を取り上げる。かかりつけ薬局薬剤師を育てるため、おもに医療知識を学ぶ「スタンダードコース」と、多職種と連携しながら専門知識をいかした処方提案ができる薬剤師の育成をするための「エキスパートコース」がある。時代の求める薬剤師を養成していくため、育成内容や手法も進化をさせながら教育に取り組んでいる。


[次回予告]
5月14日(木)
よる11:30 から放送予定

4/9 放送

2020.04/09 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 薬局薬剤師の人材育成
タイトル/  行動する薬剤師の育成に向けて
ゲスト/   クオール株式会社 クオールアカデミー教育研修部長 長沼未加さん


薬剤師には、調剤はもちろん、患者の治療をフォローすることまでが仕事として求められている。そのためクオール薬局では、かかりつけ薬剤師としての基盤となる知識を身につける研修のプログラムがある。人材育成を行うなかで、社会人として必要な素養やコミュニケーション力も高めていける工夫をしているという。その狙いと育成の考え方をお話いただく。
また、認知症で課題となっている早期発見をするための「TOP‐Qプロジェクト」について具体的に紹介してもらう。全国のクオール薬局から認知症専門医や近隣医療機関と協力が得られる薬局を選定し、薬局スタッフへのTOP‐Qの手技取得研修を行っている。認知症の早期発見という気づきの部分と専門医へのつなぎの部分において薬剤師が貢献できることを考える。

[次回予告]
4月23日(木)
よる11:30 から放送予定

認知症診断のポイント・早期発見へ向けた取り組み (2) 認知症に関する地域連携

2020.03/26 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 認知症診断のポイント・早期発見へ向けた取り組み
タイトル/  認知症に関する地域連携
ゲスト/   青南病院 病院長 深澤隆 氏

精神科医の深澤先生は、青森県八戸市内にある青南病院の病院長で、はちのへ認知症疾患医療センター長として活躍されている。ICT連携を組み合わせた「connect8(コネクト8)」を活用した認知症に関する八戸地域での医療と介護の連携を紹介していただく。「connect8」とは、地域住民が、安心して医療や介護を受けられる環境を目指して病院や薬局、介護施設などが連携して作る任意団体である。認知症の早期発見へ向けて、薬剤師には、患者の精神症状の変化を敏感に感じ取ることが期待されていることがわかる。



[次回予告]
4月9日(木)
よる11:30 から放送予定

認知症診断のポイント・早期発見へ向けた取り組み (1) 認知症の早期発見と対応の重要性

2020.03/12 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 認知症診断のポイント・早期発見へ向けた取り組み
タイトル/  認知症の早期発見と対応の重要性
ゲスト/   青南病院 病院長 深澤隆 氏


精神科医の深澤先生は、青森県八戸市内にある青南病院の病院長で、はちのへ認知症疾患医療センター長として活躍されている。今回は、地域で認知症の患者を支えるために薬剤師ができることを考えていく。認知症は早期発見が大事だといわれるが、早期治療のメリットや治療による認知機能の変化などをお話いただく。薬剤師は認知症の早期発見と対応の重要性に関してどう貢献できるのか。患者の変化に気づいて対応することが重要になってくるため、気づきのきっかけとなるポイントも助言いただく。


[次回予告]
3月26日(木)
よる11:30 から放送予定

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井手口 直子
いでぐち なおこ

帝京平成大学 薬学部 教授

パーソナリティ一覧はコチラ